〜今日はもふもふ天国だ!〜カウンセラーのココロの講座

理想と現実とのギャップを修正することを得意とするカウンセラーのブログ

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]×伝統的素材「珪藻土」の限定コラボ魔法陣バスマット

「ゆるキャン△」の聖地「浜松」を訪ねる。 その3

 

前回は、主人公が住んでいると思われるエリア「弁天島」の恐ろしさを説明した

 今回は、主人公が5巻で「浜名湖」で初日の出を見ているシーンから抜粋したい。

TVアニメ「ゆるキャン△」オリジナル・サウンドトラック

TVアニメ「ゆるキャン△」オリジナル・サウンドトラック

 

主人公が「うちの庭みたいなもんだから」と言っていた浜名湖の大きさを見てもらいたい。 

 

 

ちょっと、庭にしてはでかすぎる。

ちなみに、下記サイトで浜名湖の大きさを調べると「国内:10位 汽水湖としては3位」と書いてあった。

http://www.shurey.com/js/h_graph/list_lake.html

申し訳ないが、琵琶湖大好き滋賀県民も周辺の浜名湖大好き浜松市民/湖西市民も「湖なんて庭みたいなもんですから」なんて言えない。

通常の感覚と大きく逸脱していることがわかる回答である。

f:id:katochinkun:20180228235100j:plain

(写真はwikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%90%8D%E6%B9%96#/media/File:Map_of_Lake_Hamana.jpgより引用)

 

また、姉に「毎日自転車一周したもんね」ととんでもないことを言っているが

国土交通省資料によると

http://www.cbr.mlit.go.jp/road/chubu-fukei/route/images/11.pdf

が一周となっており、庄内湖はスルーしてくださいと書かれている。

また、浜名湖一周サイクリングによると、そのルートですら72キロとされ

浜松市民が通常考える浜名湖一周とは、遥かにハードで鬼畜」設定であることがわかる。

そもそも、主人公が走ったルートには、庄内湖が入っているため、「推奨ルート」とされていないのだ。庄内湖と猪鼻湖をスルーするのがお決まりである。

http://www.hamanako-ct.jp/wp/archives/category/root

f:id:katochinkun:20180228235100j:plain

f:id:katochinkun:20180301000737p:plain

さらに、調べてみると、概算だが43km 高低差45mというとんでもない数値が出た。

徒歩だと9時間超と出たが、11時間はかかるだろう。車でも1時間でいけるか怪しい時間である。

何がすごいか。通常の中学生が部活が終わって帰る時間が、4時として、4~6時間ぐらい平気でかかるため、どう頑張っても「夜」になってしまうということだ。

 つまり、主人公は毎日「風速15m/sクラスのきつい環境で夜キャンプ」していたという衝撃の事実がわかる。

航空自衛隊浜松基地の隊員が毎日基地内をランニングをしている中、彼女は毎日進軍キャンプしていたということになる。

これをダイエットとか言っている時点で「目指している未来」が違いすぎる。彼女は何のアスリートを目指しているのだろうか?

ちなみに、主人公が入浴して、ご来光を浴びたところは弁天島海水浴場付近である

 

 

見ていただくとわかるが「鳥居」と言っているところの正式名称は、弁天島観光シンボルタワー」という名称である。

鳥居じゃないのかよ。

 

秘密結社の手帖 (河出文庫 121G)

秘密結社の手帖 (河出文庫 121G)

 
秘密結社 (Truth In Fantasy)

秘密結社 (Truth In Fantasy)

 
「世界の秘密結社」がよくわかる本 (PHP文庫)

「世界の秘密結社」がよくわかる本 (PHP文庫)

 
秘密結社の時代---鞍馬天狗で読み解く百年 (河出ブックス)

秘密結社の時代---鞍馬天狗で読み解く百年 (河出ブックス)

 

 キャンプでも読んでいたことから、主人公は自衛隊員を軽く超える秘密結社の人間であることは間違いなさそうだ(違)

アニメのコラボグッズならAMNIBUS